革素材を知る!コードバン(CORDOVAN)仕様の財布を楽しむ。

絶滅危惧革素材??コードバン素材の行方は・・。

コードバン

近年、コードバン(CORDOVAN)はとても希少な革素材となっています。農耕馬の臀部から採取される のがCORDOVAN。

農業においても、近代化が進んでいる今、”農耕馬”自体が極端に少なくなっているんですね。必然的に、 コードバン原皮を採取できなくなっているのが実情です。

現在、市場に供給されているコードバン財布などは、昔、採取・塩漬け保存されているCORDOVAN原皮を活用 して作られています。

素材(原皮)の供給よりも需要の方が多い状況下にて、ストックされている原皮も減り続けているのが現状。いつの日にか、 CORDOVAN素材は絶滅してしまうのでは・・と思ってしまいますよね。

まあ、生産コストが見合うようになれば、CORDOVAN原皮のために農耕馬の育成が行われるようになるかもしれませんので、 絶滅素材とはならないものとは思いますが、年々価格は上昇。将来的にはさらに高価な革素材となっていくものと 考えられています。

〇記事内目次〇

1)コードバン素材の特性について
2)コードバン素材の種類と特徴(魅力)
3)本物・良質なコードバン財布を入手する方法
4)今人気の上質コードバン財布(メンズ)紹介

1)特殊な繊維構造を有する「CORDOVAN層」のみを活用。

人間も含めて、動物(哺乳類・両生類)は皮下組織(脂肪・筋肉など)の上に皮組織を有しています。 この皮(皮組織)構造は、多少、生物種によって異なっていますが、大まかに言うと、「表皮」「銀面」 「床面」の3層構造となっています。

牛革素材など一般的な革素材は、表皮を取り除いた「銀面+床面」の2層構造となっています。

対して、コードバン素材は、銀面を取り除き、さらに床面(詳細に見ると床面も複数の層構造を有しています)の中でも、 ”CORDOVAN層”と呼ばれる繊維部位のみを抽出したもので、1層構造の革素材となっているのです。

コードバンの特徴1:「銀面」の剥がれ・浮きが無いため老朽化しにくい。

コードバン素材は、1層構造(CORDOVAN層)の革素材です。牛革など一般的な革素材は、銀面のある2層構造 となっているため、時間経過とともに、銀面が床面から剥がれ・浮いてくることがあります。

革素材の種類によっては、それが経年変化の味わいとして感じられるものもありますが、銀面の浮きが目立つ ようになることは、やはり老朽化を感じさせることに。革の寿命が訪れたことを意味しています。

対して、コードバン素材の場合は、もともと銀面が無いため、時間経過に伴う「銀面の剥がれ・浮き」が 存在していないんですね。老朽化を起こしにくく、革素材としての寿命も長いものとなりやすいのです。

コードバンの特徴2:革繊維が一方向に揃っており、緊密性が高い。高耐久性!

他革素材とコードバン素材との構造上のもう一つの大きな違いが「革繊維状況」です。一般的な革素材の場合、 革繊維はメッシュ状に絡み合う構造を有しています。対して、コードバン素材は、一方向に繊維が揃っているのです。

また、革繊維の方向が揃っていることから、繊維間の隙間が少なく、とても緊密な繊維構造を有しているのです。 この特殊な繊維構造が一般的な牛革素材などと比較して、2倍以上の耐久性を有することに繋がっているのです。 革素材の中で最上位の耐久性を有する革素材に位置づけられているのは、この繊維構造に起因しています。

ただ、反面、「繊維方向」になら、革を引き裂くことが可能だったりするんですね。商品(コードバン財布など)と なったものが裂けてしまうことなどはありませんが、面白い特性を有する革素材と言えそうです。

コードバンの特徴3:磨き上げることが可能な革素材。美しい自然な艶感が。

緊密性が高く、一方向に繊維が揃っている特殊な構造だからこそ、可能となっているのが「磨き上げる」ことです。 刃物を砥石で磨くように、コードバン素材は表面を研ぎ・磨き上げることが出来るんですね。

その結果創出されるのが、「美しい自然な艶感」です。他の革素材の場合は、天然オイル(蜜蝋、油脂など)を 革繊維に浸み込ませたり、特殊な表面仕上げ(ガラス塗装など)によって、光沢感を創出しています。

しかし、コードバン素材は、オイルや染色仕上げに頼ることなくとも、磨き上げることによって、美しい艶感 を生み出すことが出来るのです。そんな特性を最も活かしているのが「水染めコードバン」。自然な美しい光沢感が 昔から多くの男性に高い支持を受けてきているのです。

2)コードバン素材の種類と特徴(魅力)。多様化しているコードバン。

CORDOVAN素材が安価で汎用的な革素材であった頃は、コードバンと言えば「水染めコードバン」を指示していま した。他に、染料仕上げを施さない「ナチュラルコードバン」があった程度で、馬革素材の1種類がCORDOVANと いった位置づけだったのかもしれません。

しかし、農耕馬の減少に伴い希少性が増し、価格高騰&価値観の高まりが促進されるにつれて、コードバン素材 にも、加工・仕上げの工夫によって、風情・特性の異なるバリエーション(種類)が創出されることとなりました。

現在、CORDOVANにも多様な種類が存在。それぞれ風情と素材特性が大きく異なるものも存在しています。コードバンの 魅力を感じる上で、種類と特性を知っておくことも大切な要素。財布などに活用されている代表的なコードヴァン種類と特徴を ご紹介したいと思います。

水染めコードバン!美しい自然な艶感が魅力。

水染めコードバン

代表的なコードバン素材のひとつが「水染めコードバン」です。別名「アニリン染コードバン」とも呼ばれています。

磨き上げたCORDOVAN素材に植物性の染料(アニリン)によって、仕上げ加工を施すことにより創出されています。平滑な 水面を連想させてくれるような均一性と美しい艶感が最大の魅力となっています。

新品時は、”しっかり感(若干の硬さ感)”を感じさせてくれますが、財布として使用していく中、徐々にしなやかさを 有するようになっていくのも特徴。CORDOVAN素材の中で最も高級感を感じさせてくれる革素材です。

反面、デメリットとなるのが「水の付着に対する弱さ」を有していること。水滴が革表面に付着すると”水シミ”を生じさせ やすいので、注意が必要となります。

オイルコードバン!レトロな革風情を併せ持っています。

オイルコードバン

近年、水染めコードバンを凌ぐ勢いを見せているのが「オイルコードバン」です。天然オイルを皮繊維内にたっぷりと 浸透させることにより創出されています。

水染めコードバンが革素材らしい、”しっかり感”を有しているのに対して、天然オイルを含むオイルコードバンは、新品時 からしなやかさを有しているのが特徴に。”優しい手触り感”を好む方に支持を受けているCORDOVANとなっています。

また、天然オイルの作用によって、”ムラ感のある染色”となるのが特徴。均一性の高い仕上げ風情となる水染めコードバン に対して、オイルコードバンは、少しレトロな革風情を感じさせてくれるのがポイントとなります。

ただ、水染め仕様の”均一的な美しい自然な艶感”はありません。天然オイルによる、少し落ち着き感のある艶となっています。

ちなみに、世界最高峰のCORDOVAN素材に位置づけられている「ホーウィン・シェルコードバン(素材の商品名)」は、 オイルコードバンです。

蝋引きコードバン!重厚感といぶし銀の艶が魅力に。

蝋引きコードバン

CORDOVAN素材の中では、最も歴史の浅い(新しく作られた)のが「蝋引きコードバン」。英国を代表する革素材”ブライドルレザー” と同じ製法(革加工)により、作られているCORDOVAN素材です。

なめし加工を施した原皮に、天然蜜蝋をたっぷりと浸透させることによって、創出されています。革表面には、ブライドルレザーと 同様に白い粉上の”ブルーム”が存在するのが特徴。

ブルームは、天然蜜蝋が革表面に粉上に噴き出たもの。軽くブルームを拭き取ることにより、いぶし銀の落ち着いた艶が 創出されるのがポイントです。重厚感と高級感を併せ持つのが蝋引きコードバンの最大の魅力となっています。

蝋引きコードバンは、水染めコードバンと風情も特性も相反する要素を有しているのが特徴。蜜蝋の作用により、弱撥水効果 を内包。CORDOVAN素材の中では、水の付着に対して、最も強さを有している革素材と言えそうです。

ナチュラルコードバン!飴色へと変わる経年変化の美しさ。

ナチュラルコードバン

ナチュラルコードバンは、CORDOVAN原皮に対して、なめし加工を施した上、染色加工を行わずに、艶出し仕上げのみ で創出される革素材です。

革素材、本来のナチュラルな色調と風合いを残しているのがナチュラルコードバンならではの特徴となっています。

また、なんといっても、ナチュラルコードバンの最大の特徴であり、魅力となっているのが「飴色への美しい経年変化」 を有していること。新品時は、肌色(ベージュ)だったものが、飴色へと色濃くなるとともに、強い光沢感が創出されて いくのです。

もともと、染色を行っていないことから、生来のキズや色ムラが残っており、”ワイルドさ”を感じさせてくれるのも 個性的な要素となっています。

水染めコードバン以上に”水の付着”には弱く、水シミとなりやすいのですが、水シミを含めて、ワイルドさ& アンティーク感といった風情として、楽しみたいCORDOVANとなります。

3)本物・良質なコードバン財布を入手する方法。

年々希少性が増すCORDOVANは、近年毎年、価格高騰の流れが続いています。実際、コードバン仕様の財布は、 毎年価格改定(値上がり)が繰り返されていますからね。

同時に懸念要素となっているのが値上がりすればするほど、価値観が高まれば高まるほど一般市場に 「偽物」「粗悪品」が多数出回ることです。

実際、一般市場には”コードバン財布”として販売されている商品の中に、「通常の馬革素材を使用して作られた 偽物コードバン財布」や本来、商品化には適しておらず、廃棄されるCORDOVAN原皮部位(低品質)を使用して、 創作された「粗悪品」が多々存在しています。

特に、安価で販売されているアジア製(中国などで創作された財布)商品には、注意が必要です。素材自体が希少で 高価なCORDOVANを使用して創作された財布が安価なものとなるわけはありませんので。

そこで、良質で本物のコードバン仕様財布を入手するために、おすすめなのが きちんとした原皮入手ルートを有し、自社にて財布作りを手掛けている「革工房・革ブランドの直営SHOPから購入する」 ことです。

原皮の入手自体が困難なコードバン素材ですからね。原皮の入手ルートをしっかり確保していること及び 素材チェック体制をきちんと構築していることがとても重要な要素となります。

一般的な”セレクトショップ”などでは、革素材の入手管理・情報など得られていませんからね。

4)今人気の各種コードバン財布(メンズ)のご紹介。

コードバン財布を入手するのであれば、本物であることはもちろんのこと、上質なCORDOVAN素材を使用して、 丁寧に仕立てられたコードバン財布を購入したいものですよね。

そこで大切な要素となるのが前項で記した、「革素材入手ルートをしっかり確保している革工房・革ブランドの 商品を選ぶ」ということです。ここでは、丁寧なモノづくりが魅力の日本の革職人が仕立てている革工房・革 ブランドの上質コードバン財布を厳選してご紹介したいと思います。

素材・商品管理がしっかりしており、革職人が丹精込めて創作していることから、大量生産は、難しく、なかなか 入手困難なアイテム(在庫なし期間が多い)となっているのが課題ではありますが、再入荷のタイミングに合わせて 、商品入手していただければと思います。

商品選びにあたって、こちらのコードバン財布(メンズ)特集 もご参考にしてみていただければと思います。

最高峰の水染めコードバン仕様の長財布「ハイフライヤー」

コードバン財布

最高峰の水染めコードバンを使用して、日本の革職人が仕立てたマイスターコードバン・シリーズ の長財布「ハイフライヤー」。入手困難な人気アイテムとなっています。

*素材:水染めコードバン
*色彩:ブラック、ボルドーワイン
*価格:¥67,000円(税込み)

最高峰の水染めコードバン仕様の長財布「ハイフライヤー」の商品詳細・購入はこちらから(公式SHOP)。
マイスターコードバン財布シリーズの商品一覧はこちらから(公式SHOP)。

最高級ホーウィン・シェルコードバン仕様の長財布「スタンフォード」

コードバン財布

オイルコードバンの中で最高級なホーウィン・シェルコードバンを贅沢にも表革だけでなく、内革にも使用した 無双仕様長財布「スタンフォード」です。最高級コードバン長財布と言えるものに。

*素材:オイルコードバン(シェルコードバン)
*色彩:ブラック、ボルドーワイン
*価格:¥95,000円(税込み)

最高級ホーウィン・シェルコードバン仕様の長財布「スタンフォード」の商品詳細・購入はこちらから(公式SHOP)。
シェルコードバンコードバン財布シリーズの商品一覧はこちらから(公式SHOP)。

貴重な蝋引きコードバン仕様の長財布「スリムデザイン」

コードバン財布

重厚感と高級感を併せ持った蝋引きコードバン仕様の長財布です。ビジネススタイルに適した スリムデザインが人気の要素となっています。

*素材:蝋引きコードバン
*色彩:黒鹿毛(ブラック)、鹿毛(ブラウン)
*価格:¥45,000円(税込み)

貴重な蝋引きコードバン仕様の長財布「スリムデザイン」の商品詳細・購入はこちらから(公式SHOP)。
蝋引きコードバン財布シリーズの商品一覧はこちらから(公式SHOP)。

上質ナチュラルコードバン仕様の長財布。

コードバン財布

素朴さが魅力のナチュラルコードバン仕様の長財布です。2.3年使用すると飴色へと大きく変化する 色彩&艶感が楽しめます。

*素材:ナチュラルコードバン
*色彩:ナチュラル
*価格:¥43,200円(税込み)

上質ナチュラルコードバン仕様の長財布の商品詳細・購入はこちらから(公式SHOP)。
ナチュラルコードバン財布シリーズの商品一覧はこちらから(公式SHOP)。

革素材CONTENTS!革素材関連情報。

革財布CONTENTS!革財布関連情報。

当サイト「革財布を選ぶ!」のインフォメーション。